脳梗塞の幹細胞治療

投稿日:

脳梗塞の後遺症改善治療として注目されている幹細胞治療。
死んでしまった脳細胞を再生させることで後遺症の改善を図る治療法です。
ここでは、脳梗塞の幹細胞治療の内容、期待できる効果、費用、実感できるまでの期間などをご紹介します。

脳梗塞の再生医療

脳梗塞は脳の血管が詰まり、その先にある脳細胞に血液や栄養が届かず脳細胞が死んでしまう病気です。
脳細胞が死んでしまった部位によって、痺れや麻痺などさまざまな後遺症が残ってしまい苦しんでいる方が大勢います。
脳細胞は一度死んでしまったら元には戻らないと考えられていましたが、再生医療によって機能しなくなった脳細胞が再生し、後遺症を改善できることがわかってきました。
当院では脳梗塞の後遺症の再生医療として「自己骨髄由来間葉系幹細胞点滴」「自己脂肪由来間葉系幹細胞点滴」「臍帯由来サイトカインカクテル」を提供しています。

間葉系幹細胞とは

幹細胞は、自己と同じ細胞に分裂する能力(自己複製脳)とさまざまな細胞になれる能力(分可能)を持っている細胞です。
間葉系幹細胞は、ES細胞やiPS細胞などの様にどんなものにも分化できる能力はなく、神経・血管・骨・脂肪・筋肉などの決まった細胞にしか分化できません。
しかし、間葉系幹細胞は骨髄や脂肪などから採取できるため、使いやすい幹細胞として医療分野で利用が進んでいます。

骨髄由来間葉系幹細胞を脳梗塞後遺症治療に利用する理由は

骨髄液中から取った間葉系幹細胞は、他の部分から採取された間葉系幹細胞よりも神経再生能力が高い細胞です。
そのため、骨髄由来間葉系幹細胞を利用した治療は、脳梗塞で脳の神経細胞の損傷を受けた方への神経再生に最も効果が期待できます。

臍帯由来サイトカインカクテル

サイトカインとは、細胞同士の情報伝達物質として細胞の増殖や分化の調整などの機能をもっている、細胞から分泌されるタンパク質の総称です。
サイトカインが多く含まれている培養液をサイトカインカクテルと呼びます。
サイトカインカクテルは、脳内に存在する幹細胞を活性化して自己修復を促します。
臍帯由来の幹細胞を培養したときに分泌するサイトカインを抽出したものには、他の部位由来のものよりもサイトカイン含有量が多いことが特長です。

期待できる効果

間葉系幹細胞治療は、元の状態に戻るまで機能回復効果が期待できるものではありません。
しかし、治療を始めるのが早いほど良い結果が出やすい傾向があります。
治療を受けるか迷われている方は、早めにご相談ください。
治療内容や期待できる効果など患者様に寄り添ったサポートをいたします。

失われた機能の改善

壊れてしまった脳細胞を再生・修復することで、脳梗塞を患ったことにより失われた機能の改善が期待できます。

運動障害の改善

手足や体の感覚が徐々に回復する。
手足に力がはいるようになる。
お箸を使用して、自力で食事がとれるようになる。
歩行不能状態から歩行器を使用しての歩行が可能となる。

失語症・言語障害の改善

言葉や文字の理解が出来る
発声が出来る。
読み書きが出来る。
意思の疎通が円滑になる。

感情や行動の改善

怒りっぽい性格が穏やかな性格に戻る。
衝動的な突然の動きや、行動が無くなる。
感情の起伏をコントロールできる。

視覚障害の改善

視力が回復する。
景色がはっきりと見える。
見える範囲が広がる。
二重に見える事が無くなる。
視野欠損が解消される。

痺れ、痛みの改善

肩こり、腰痛、頭痛、関節痛、筋肉の痛みの軽減
脱力感の軽減

リハビリテーション効果を高める

脳梗塞の幹細胞治療は、リハビリテーション効果を高めると考えられています。
幹細胞治療で損傷した脳神経を再生・修復できたとしてもリハビリテーションを行わなければ失われた機能の改善は難しいです。
幹細胞治療を受けながらリハビリ治療も並行して行うことで、失われた機能の改善がより一層期待できます。

再発予防

脳梗塞は再発の危険性が高い病気です。
再発すると一度目よりも重い症状が出やすいため、失われた機能の回復だけではなく再発予防もしっかり行う必要があります。
幹細胞治療により弱った血管を修復することで、再発予防効果が期待できます。

治療方法

治療の流れ
骨髄由来幹細胞点滴と臍帯由来サイトカインカクテルの治療の流れは以下の通りです。

骨髄由来幹細胞点滴の治療の流れ

① 問診・診療カウンセリング

患者様の既往歴や後遺症、病状、治療内容、副作用、期待できる効果や可能性などをご説明し、患者様からのご質問にお答えさせていただきます。
目安時間:約1時間

② 採血・感染症検査

骨髄由来幹細胞点滴治療をご希望(同意)された患者様には、採血し感染症検査を実施致します。
感染症のウイルス等をお持ちの方は細胞培養が出来ないため、感染症がないことを確認致します。
検査結果が出るまでの目安:約1週間

③ 骨髄穿刺(骨髄液採取)

血圧モニターをつけて、局所麻酔をして骨髄液を採取します。
採取には約30分かかります。
採取後は止血のために約60分間安静にしていただきます。
目安時間:約90分

④ 幹細胞の培養

採取した骨髄液を厳重に保管し、温度管理を維持したまま国内の細胞培養加工施設にその日のうちに輸送し細胞を培養します。
細胞培養目安時間:約4週間
※培養完了には個人差があるため、上記期間は目安とお考え下さい。

⑤ 幹細胞投与(点滴投与)

1回目投与の4週間後に2回目の投与、さらに4週間後に3回目の投与を行います。
幹細胞が損傷部により集積する様に、当院では幹細胞点滴中より再生医療に合ったリハビリを併用する様にしております。
点滴目安時間:1回約30分

⑥ 検診

幹細胞投与後から6ヶ月もしくは1年後に検診を行います。
目安時間:約60分

臍帯由来サイトカインカクテル治療の流れ

サイトカインカクテルでの治療は、ご本人様がご自宅で簡単にできる療法です。

① サイトカインを溶かす

冷凍されている臍帯由来サイトカインカクテルを、患者様の手の中で1~2分間温めて溶かします。

② 経鼻投与用チューブで攪拌・吸引する

溶かしたサイトカインカクテルを経鼻投与用チューブでかき混ぜたあと、チューブにサイトカインカクテルを全て吸引します。

③ 左右の鼻腔に3回に分けて噴霧する

仰向けに寝ていただき、顎をあげたまま経鼻投与用チューブを鼻に入れて、3回に分けて鼻腔奥粘膜に向けて噴霧していただきます。

④ 20分姿勢を保つ

サイトカインカクテル粘膜から多く吸収されるように、約20分間噴霧した姿勢を保っていただきます。
就寝前に噴霧される方が多いです。

費用と効果

治療費
脳梗塞の幹細胞治療は全て自費診療となります。
高額療養費制度は適用されませんが、医療費控除は適用されますので、詳しく知りたい方は管轄の税務署にお問い合わせください。
治療費は患者様の症状により治療内容が異なる可能性があるため、下記でご紹介している治療費は、標準的な幹細胞点滴治療をしたときの目安です。
詳しくは、お問い合わせください。

カウンセリング費用

診療カウンセリング費用:1回10,000円

治療を開始する前に、問診・診療カウンセリングを行っております。
患者様の病状や既往歴、常用薬などをお聞きして、治療内容や期待できる効果、副作用などをしっかりとご説明いたします。
患者様、ご家族様に治療について理解・納得していただけるまでは治療を開始いたしません。
カウンセリング当日に、治療を受けるかお決めになる必要はありませんので、よくお考えの上お決めくださいませ。
カウンセリング時間は約1時間お時間をいただいております。
完全予約制となりますので、お気軽にお問い合わせください。

脳梗塞幹細胞点滴の治療費

幹細胞点滴1回1,500,000円(税別)、3回3,500,000円(税別)
標準的な幹細胞点滴の治療内容は、血液検査(1回)、骨髄採取(1回)、骨髄幹細胞培養、骨髄幹細胞投与(1回もしくは3回)、検診(半年後)、安全性検査(細胞数のチェック、細胞形態のチェック、細胞生存率のチェック、無菌試験、エンドトキシン試験、マイコプラズマ否定試験)、処方薬となります。

治療後、どれくらいで効果を実感できるのか?

投薬治療期間は、幹細胞点滴3回投与で4~5ヶ月間が目安となりますが、効果が実感できるまでにかかる期間は個人差があります。
治療後すぐに効果を実感できる方もいれば、1年くらいかけて少しずつ変化を実感できる方もおられます。
そのため、一概にどのくらいで効果が実感できるのか言うのは困難ですが、治療開始から1年を目安にリハビリを併用して行っていただければと思います。

脳梗塞幹細胞治療を受ける上で大切なこと

一般的に脳梗塞の後遺症の改善には、長い時間が必要となります。
脳梗塞の幹細胞治療を受けただけで、後遺症が改善するというわけではありません。
後遺症を改善するためには、目標を決めてその目標に向かって、あきらめずに継続してリハビリテーションに取り組むことが大切です。
症状に合った効果的なリハビリテーションをするために、リハビリ専門医に相談されることをおすすめします。


脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ


貴宝院 永稔【この記事の監修】
福永記念診療所 再生医療部長 再生医療担当医師

ニューロテックメディカル代表【 Dr.貴宝院 永稔 】
大阪医科大学卒業
私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA