脊髄損傷は治るの?再生医療の専門家が治療法を解説

Post:

脊髄損傷は治らない病気』これは医療における長年の常識でした。
しかし、近年では細胞そのものを再生させる再生医療が発達し、脊髄損傷が治る確率は飛躍的に高まっています。
本記事では、脊髄損傷のこれまでの治療と、再生医療による新たな可能性について解説します。
実際の治療効果や、再生医療を受けられる当院をご案内します。

脊髄損傷とは?治らないと言われてきた理由

人の身体は、『脊椎』と呼ばれる背骨で支えられており、脊椎の中には感覚や運動機能などを司る『脊髄』という神経が通っています。
この脊髄に交通事故などで損傷が生じ、障害が残ることを脊髄損傷といいます。
脊髄が司る機能はレベルによって分かれており、どのレベルが損傷を受けたかによって後遺症も変わってきます。
脊髄損傷を治すには、ダメージを受けた細胞を再生させる必要がありますが、基本的に一度傷ついた細胞は再生しません。
早期のリハビリで再生しやすくなることが分かっていますが、そのメカニズムはいまだ明らかになっておらず、回復にも個人差があるのが現状です。
受傷から時間が経つほどリハビリでの回復も難しくなるため、脊髄損傷の根本治療は不可能とされてきました。
レベル別の脊髄損傷の症状については、こちらの記事をご覧ください。

今までの脊髄損傷治療法

リハビリ
脊髄損傷の根本的な治療法はこれまで確立されておらず、リハビリ治療が中心でした。
リハビリには後遺症の軽減のほか、床ずれや下肢静脈血栓などの合併症を防いだり、日常生活をスムーズに送れるようにしたりする効果もあります。
運動療法だけではなく、電気刺激療法や生活トレーニングなどを行います。
脊髄損傷のリハビリについては別の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にされてください。

脊髄損傷が治る?再生医療とは

幹細胞治療
これまで治ることがないと言われていた脊髄損傷ですが、近年では再生医療の発展によりその定説が変わりつつあります。
再生医療とは、ダメージを受けた細胞そのものを再生し、失われた機能を取り戻す医療です。
現在、最も医療への応用が進んでいる再生医療が、幹細胞治療です。
幹細胞とはまだ組織や臓器になっていない細胞のことで、幹細胞を培養・増殖させ、患者さんに投与することで、ダメージを受けた組織や臓器の再生が期待できます。
現在の医療では、患者さん自身の幹細胞を利用する『体性幹細胞』が一般的で、アレルギー反応などのリスクを避けた上で、脊髄損傷を根本的に治療できます。

再生医療による脊髄損傷の治療効果

幹細胞点滴

自身の幹細胞を用いて培養した幹細胞点滴を行い、それに付随して当院独自の再生医療リハビリを併せていくことで効果を期待できる治療となります。


実際に脊髄損傷は再生医療でどの程度回復するのでしょうか。
近年では多くの脊髄損傷患者さんが再生医療に取り組んでいますが、全く動かなかった足が曲げ伸ばしできるようになったり[参考1]、歩行器で歩けるようになったり[参考2]する例が多数確認されています。
当院では、患者さんの幹細胞を利用した『骨髄由来幹細胞点滴』による脊髄損傷治療を行っており、運動障害の改善のほか、感覚障害や言語障害の改善も確認しています。
効果の程度や、効果が表れるまでの期間には個人差がありますが、リハビリだけでは到達できないゴールを達成できる確率を高めることが出来ます。

脊髄損傷の再生医療を受けられるクリニック

福永記念診療所
再生医療専門の当院福永記念診療所』は、大阪府大阪市城東区に位置しており、地下鉄『OsakaMetro』今里線の『蒲生四丁目駅』から徒歩2分でアクセス可能です。
大阪府内はもちろん、県外からも公共交通機関でお越しいただきやすい立地ですので、関西周辺にお住まいで脊髄損傷にお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
また、同様の治療を愛知県名古屋市東京都銀座でも実施しております。

まとめ

背骨の中を通る『脊髄』に事故などで損傷が生じ、障害が残る脊髄損傷は、これまで治らない病気だと言われてきました。
しかし、近年では再生医療によって治る確率が飛躍的に上がっています。
再生医療を行う病院は全国各地に増えていますので、ぜひ厚生労働省のホームページからお近くの病院をご確認ください。
当院『福永記念病院』は、大阪府大阪市で再生医療を行っています。
また、名古屋院、東京院でも同様の再生医療を実施しております。
詳しくはクリニックについてのページにてご確認ください。
お電話のほか、メールフォームでは24時間お問い合わせを受け付けておりますので、疑問点などお気軽にお問い合わせください。

【参考資料】
[1] ケース4: 脊髄損傷 受傷後14年慢性期 30代男性 幹細胞を用いた再生医療の実施症例 ArtsGinzaClinic Mesenchymal Stem Cell 2018 Case-4

[2] 【再生医療】20年間車椅子だった編集者が再生医療で再び歩く!【アカザー自己紹介】 Regenerative medicine


脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA