脳梗塞による左半身麻痺の症状と特徴 | 再生医療|脳梗塞・脊髄損傷の後遺症を幹細胞治療で改善|ニューロテックメディカル

脳梗塞による左半身麻痺の症状と特徴

           

投稿日:
読み終わる時間は約 < 1


この記事を読んでわかること

左半身麻痺の症状と特徴
脳梗塞による左半身麻痺の原因
左半身麻痺と右半身麻痺の違い


脳梗塞とは脳に栄養を送る血管がつまり、脳に酸素や栄養が行かなくなるため脳が損傷し身体の機能が障害される病気です。
脳の損傷部位によって、身体に様々な症状が起きますが、中でも左半身の動きが弱くなったり、制限が出現した状態を左半身麻痺といいます。
重度になると日常生活における様々な行動に支障を来す可能性がありますので早期治療が重要です。

左半身麻痺の症状と特徴

脳を栄養する血管である内頚動脈や椎骨動脈がつまることが原因となります。
左半身麻痺は、右脳に酸素や栄養が行かないことにより脳に損傷が起きた時に現れる身体症状です。
具体的には、左側の手足の動きが鈍くなったり、全く動かなったりして、重症化すると歩行に支障が及びます。
その他、左側の手足の触覚や温度感覚が鈍くなったり、痛みや痺れを感じるなどがあります。
左側の顔面の筋肉にも影響が及び、口の片側がゆがんだり、会話に支障が出ることがあります。
その他、失認、性格変容などの症状が現れることがあります。
詳細は事項で説明いたします。

脳梗塞による左半身麻痺の原因

脳血管に血栓が詰まる様子
右脳は体の左側の運動と感覚を制御する働きがあります。
したがって、右脳に行く栄養血管が血栓や動脈硬化によってつまると、脳に酸素や栄養が行かなくなるので、体の左側に麻痺や感覚障害が現れます。
血栓(血の固まり)は、高血圧、高コレステロール血症、糖尿病などの生活習慣病が進行すると出来やすくなります。
血管の壁にダメージを与え続けるためです。
また、喫煙、運動不足、肥満、過剰なストレスなどの不適切な生活習慣もリスクを高める原因となります。
さらに、心臓で出来た血栓が剥がれて血液の流れに乗り脳に到達することにより脳の血管をつまらせることもあります。
この病態を心原性脳梗塞と言います。
不整脈の1つである心房細動や心臓弁膜症などの心臓病によって引き起こされます。

左半身麻痺と右半身麻痺の違い

右半身と左半身
脳梗塞になると、脳の損傷部位によって体に様々な症状が出現します。
脳は左右に分かれており、それぞれ体の反対側を支配しています。
そのため、右脳に脳梗塞による損傷が起こると体の左側が障害される左半身麻痺、左脳に脳梗塞による損傷が起こると体の右側が障害される右半身麻痺が起こります。
右脳には自分の体や空間を認識する、感情をコントロールするなどの役割があります。
一方で、左脳には論理的思考や言葉をつかさどる役割があります。
右半身麻痺によって生じる症状は以下の通りです。

  • 右手足の筋力が低下し、思うように動かなくなる
  • 右手足の感覚(触覚、温度、痛み)が鈍くなる
  • 半側空間無視~右側の空間を認識できなくなる
  • 失行~意図的に行動をしようとしても目的にあった行動ができなくなる
  • 失語症~聞く、話す、読む、書くの能力が低下し言葉をうまく使うことができなくなる

左半身麻痺によって生じる症状は以下の通りです。

  • 左手足の筋力が低下し、思うように動かなくなる
  • 左手足の感覚(触覚、温度、痛み)が鈍くなる
  • 半側空間無視~左側の空間を認識できなくなる
  • 失認~自分の体や空間などを認識できなくなる
  • 性格変容~感情をコントロールできなくなる

まとめ

今回の記事では、脳梗塞による左半身麻痺の症状と特徴について解説しました。
左半身麻痺は、右脳の損傷によって起こり、左半身の運動機能や感覚機能に障害が現れた状態です。
重症化すると歩行障害など日常生活に大きな支障を来し、周囲の人が患者さんの身の回りの世話や移動を援助する必要性が生じます。
脳神経は一度死滅すると再生しないため、残存した脳神経の活性化を促すリハビリテーションが重要となります。
そのため、脳神経を再生させる再生医療に期待がもてる分野でもあります。
脳や脊髄の損傷に対して、「ニューロテック®」と呼ばれる「神経障害は治るを当たり前にする取り組み」も盛んです。
ニューロテックメディカルでは、脳脊髄損傷部位の治癒力を高める治療『リニューロ®』を提供しております。
さらに、神経機能の再生を促す再生医療と、デバイスを用いたリハビリによる同時治療「再生医療×同時リハビリ™」によって後遺症からの再生が期待できます。

Q&A

片麻痺の左右の違いは何ですか?
脳の特定部位に損傷が起こると、その部位に対応する体の部位に麻痺が出現します。
したがって、左脳が損傷されると片麻痺として右半身に麻痺が生じ、右脳が損傷されると片麻痺として左半身に麻痺が出現します。

右麻痺と左麻痺、どちらが多い?
脳梗塞は左脳と右脳のどちらでも起こりますので明確には答えられません。
しかしながら、いくつかの研究を参考にすると、左麻痺の方がやや多いようです。
理由として、右脳は言語能力や運動の制御に関与するため顕著な症状を引き起こす傾向があるためです。

<参照元>
日本脳卒中協会:https://www.jsa-web.org/citizen/87.html
国立循環器病センター:https://www.ncvc.go.jp/hospital/pub/knowledge/disease/stroke-2/


あわせて読みたい記事:左半身麻痺のリハビリ方法

貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. スポーツが原因の脊髄損傷と予防策

  2. 突然下半身に力が入らなくなる脊髄梗塞とは

  3. 頭蓋頸椎移行部脊髄硬膜動静脈瘻(CCJ DAVF)とは

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 高血圧の原因となるリスクファクターとは?

  2. 脳梗塞後の日常生活で避けたほうが良いこと

  3. 脳梗塞やくも膜下出血など脳卒中の前兆となる「しびれ」とは

おすすめ記事

  1. アルツハイマー型認知症とは

  2. ギランバレー症候群とは?

  3. 認知症の初期に起こりやすい症状や重度認知症について

各クリニックのご案内

福永診療所
脳梗塞・脊髄損傷クリニック
リブラささしまメディカルクリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]平日9:00~18:00/土曜日13:00迄/日祝休