脳梗塞による一過性黒内障の症状とは |再生医療|脳梗塞脊髄損傷の後遺症を幹細胞で改善|ニューロテックメディカル

脳梗塞による一過性黒内障の症状とは

           

投稿日:
読み終わる時間は約 < 1


目の異常が現れたとき、どこの科を受診したらよいのかわからない方は少なくないでしょう。
そのような方のためにここでは、脳梗塞が原因で起こる目の異常をご紹介します。
これを読み、万が一の時の参考にしてください。

目の異常の原因は目の病気とは限りません

目の仕組み
視界がぼやける、目がかすむなどの症状が現れたとき、目の病気を疑う方が多いかもしれませんが、必ずしも目の病気とは限りません。
目以外に問題があった場合にも、目の異常として症状が現れる場合があります。
脳梗塞は、麻痺や目がまわる、言語障害などさまざまな症状が現れる病気です。
現れる症状の中には目の異常もあります。
脳梗塞が原因で現れる目の異常をご紹介する前に、ものが見える仕組みを簡単に説明いたします。

ものが見える仕組み

目に入った光は、網膜で電気信号に変換されます。
それらの信号は視神経を通り大脳皮質にある視覚野まで伝わります。
視覚野でそれらの情報が処理され、物体を認識できるようになります。
この信号の通り道を視覚経路と呼び、視覚経路のどこかに異常があると、「目が見えにくくなる」「二重に見えるようになる」などの目の異常が現れるようになります。

脳梗塞が原因で現れる目の症状

脳梗塞が原因で現れる目の症状
脳梗塞が原因で現れる目の症状は、ダメージを受けた脳とは逆側の視野に現れることが一般的です。
また、症状が徐々に現れるのではなく、突然現れる傾向もあります。
脳梗塞が原因で現れる代表的な目の異常は以下の通りです。

視野障害

見える範囲が狭くなる症状のことです。
視野障害には、部分的に見えない部分がある暗点、左右どちらかの目が見えなくなる半盲、視野の縁が見えなくなり視野が狭くなる狭窄があります。

視力障害

脳梗塞が原因で動眼神経に異常が起こると、水晶体の厚さを調節できなくなり、「ものが白っぽくかすむ」「ぼやけて見える」などの視力障害が現れることがあります。

複視

ものが二重に見えることです。
正常な方の視線は、両目とも同じ方向に向かってそろっています。
両目からの情報が脳に伝わり処理されることで、立体感や遠近感などが認識できるようになります。
しかし脳梗塞によって眼球を動かす神経に問題が起こると、左右の視線がそろわなくなり、ものが二重に見える複視という症状が現れます。
脳梗塞が原因で発症した複視は、一般的に片目で見るとひとつに見えるようになります(両眼複視)。
複視を発症すると視線がそろっていない(斜視)ため、周りの人も異常に気づくことがあります。

眼瞼下垂

脳梗塞が原因で動眼神経に異常が起こると、まぶたが開けにくくなります。
その結果、「まぶたが重くなった」「視野の上方が見えにくくなった」「目の奥が痛い」などの症状が現れます。
眼瞼下垂が後遺症として残ってしまうと、上の方を見ようと頭を後方に傾けることが多くなるため、頭痛や肩こりの原因となることがあります。

脳梗塞の前兆として現れる目の症状

全ての脳梗塞に前兆が現れるわけではありませんが、脳梗塞が発症する前に一過性脳虚血発作と呼ばれる前兆が現れる場合もあります。
一過性脳虚血発作は、一時的に血液の流れが悪くなることで麻痺やしびれ、呂律が回らない、視覚障害などの症状が現れる発作です。
症状は1日以内に回復します。
一過性脳虚血発作で現れる目の異常のひとつに一過性黒内障があります。
一過性黒内障は、突然左右どちらかの視野に黒い点がいくつか出現し視野の一部が欠損したり、左右どちらかにカーテンが降りるように視力が急に低下したりする発作です。
また、左右どちらかの視野が見えなくなる半盲や両目で見ると物が二重に見える複視といった症状が現れることもあります。
一過性脳虚血発作が現れたら、そのまま放置するとのちに脳梗塞を発症するリスクが高いといわれています。
症状が現れたら出来るだけ早く病院へ行き、医師に診察してもらうことをおすすめします。

脳梗塞による目の異常と目の病気の違い

目と脳をつなげる神経は1本ではありません。
そのため、脳梗塞が原因で視覚経路に問題が起こったことで生じる目の異常は、視野の一部もしくは左右どちらかに現れるという特徴があります。
さらに左右どちらかに麻痺やしびれが現れた場合は、脳梗塞を疑った方がよいでしょう。
一方、目の病気が原因の場合は、両目に異常が現れたり痛みを伴ったりするという特徴があります。
しかし、目の疲労で一時的に焦点が合わなくなることもあるため、長時間に渡るスマートフォンの使用やデスクワークなど目の疲労につながる行為に心当たりがある方は、目を休ませて様子をみましょう。

脳梗塞が原因の目の異常が現れたら救急車を呼びましょう

目に異常を感じたら眼科を受診してしまう方は少なくないでしょう。
脳梗塞は発症から治療を受けるまでの時間が、症状や後遺症に大きく関係する病気です。
そのため眼科で診察してもらったあとに脳神経科で治療を受けるといった時間のロスは、致命的になる可能性があります。
脳梗塞が原因で起こる目の異常が現れたら、救急車をすぐに呼び出来るだけ早く治療を受けることをおすすめします。

Q&A

一過性黒内障の原因は?
眼の血管が一時的に詰まり、視力が低下するのが一過性黒内障です。脳に行く血管である頚動脈の動脈硬化などにより作られた血液のかたまり(血栓)が、眼の血管を閉塞する原因であるとされています。

一過性黒内障は病気ですか?
一過性黒内障の症状は一時的なものですが、原因には頚動脈の動脈硬化や血栓が隠れています。放置すると脳梗塞などを引き起こす可能性が高いため、注意が必要な病気であると言えます。



貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. ご家族が知っておきたい多系統萎縮症の基本

  2. 脊柱管狭窄症による下肢筋力低下の5つの落とし穴や3つの真実と対策

  3. 心筋梗塞と脳梗塞の違いと共通点

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 痙縮というニューロン症候群の神経症状について

  2. くも膜下出血と肩こりや首の後ろの痛みの関連性

  3. 関節リウマチと脊柱管狭窄症の関係とは

おすすめ記事

  1. 侮ってはいけないラクナ梗塞の実態

  2. 脳浮腫と脳梗塞の関係とは

  3. 脳卒中の重症度を評価するスケールについて

クリニックのご案内

脳梗塞・脊髄損傷クリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]【月~土】9:00~18:00/日祝休