腰髄損傷の影響と後遺症 | 再生医療|脳梗塞・脊髄損傷の後遺症を幹細胞治療で改善|ニューロテックメディカル

腰髄損傷の影響と後遺症

           

投稿日:
読み終わる時間は約 < 1


腰髄は、腰のあたりにある背骨、つまり腰椎の中を通る神経の束です。
腰髄は、主に腰から下の運動や感覚を司っていますので、損傷を受けるといろいろな症状が現れます。
この記事では、腰髄損傷の影響や後遺症、そして再生医療による治療の可能性について解説します。

腰髄損傷の一般的な原因と症状

腰髄
腰髄とは、脊髄のうち腰椎、つまり腰のあたりにある脊椎という骨によって囲まれた脊柱管を通る部分のことです。
腰椎という背骨は5つあり、その部分を通る脊髄のことを「腰髄」と呼んでいます。
また、脊髄は腰椎の上の方で終わっており、それより下のレベルでは神経の束が馬の尻尾のように細かく分かれています。
この領域は「馬尾(ばび)」と呼ばれます。
脊髄が損傷されると、その障害された部位から下の身体への脳からの指令も、下から脳へ信号も伝わらなくなってしまいます。
そのため、運動麻痺や感覚麻痺、自律神経障害、排尿障害、排便障害などのさまざまな障害が生じます。
腰椎レベルでの腰髄損傷が起こると、以下の症状が起こります。

  • 損傷した部位の痛み
  • 障害を受けた神経が担当する足の筋力低下としびれ
  • 排尿障害がでることも

脊髄損傷は、日本では毎年約5000人発生しているとされ、発症は20才代と60才代に多く、損傷部位は頸髄60%、胸髄や腰髄40%とされています。
原因は、交通事故、転落、転倒の順に多く、高齢化が進む日本では高齢者が転倒し、例えば尻もちをついた時などに怪我をし、腰髄損傷に至るということも増加傾向です。

腰髄損傷とその長期的な影響

腰髄損傷の長期的な影響としては、運動障害や感覚障害などが後遺症として残るということがあります。

運動障害

腰髄を損傷したレベルに応じて、運動麻痺の症状は以下のようになります。

  • 第2腰髄:股関節を曲げることができなくなる
  • 第3腰髄:膝を伸ばすことができなくなる
  • 第4腰髄:つま先を上にそらすことができなくなる
  • 第5腰髄:足の親指を上にそらすことができなくなる

これらの症状は下肢麻痺症状となるのですが、腰髄の損傷の程度によってその麻痺の重さは異なります。

感覚障害

感覚障害についても、腰髄損傷を受けたレベルによって、太ももから足の甲に至るまでの、下半身の感覚障害が生じます。
さらに、しばしば、身体の表面の特定の部位に痛みを伴うこともあります。
感覚が麻痺すると、骨折や捻挫、皮膚のやけどや傷に気づくのが遅れ、感染が悪化するなどの影響があります。

膀胱直腸障害

腰髄よりさらに下のレベルの仙髄という部分が障害されると、膀胱直腸障害を生じることもあります。
これは、膀胱や腸の制御機能が失われ、排尿や排便のコントロールがうまくいかなくなるということです。
尿路感染症などのリスクが高まったり、排便・排尿がうまくいかないことでQOL(生活の質)が下がってしまう、という影響があります。

再生医療による腰髄損傷の治療

腰髄損傷は、一度損傷されてしまった神経は自然に治癒することは難しく、後遺症が残ってしまいます。
従来の治療では、脊髄損傷そのものを治す方法はなく、損傷部位が不安定になりさらに障害部位が増えてしまうことを予防したり、リハビリテーションをスムーズに行うために神経圧迫の解除やインプラントによる脊椎固定などの手術を行う、という方法がとられてきました。
最近では、脊髄損傷に対して再生医療による治療が応用されつつあります。
例えば、iPS細胞による脊髄損傷の再生医療や、Muse細胞を用いた脊髄損傷の再生医療、骨髄間葉系幹細胞による脊髄損傷の再生医療などがあります。
札幌医大で痛みが強い脊髄損傷の患者さん12名に治療を行ったところ、骨髄間葉系幹細胞の移植後12週時点で痛みは半分以下程度に減少したという報告があります。
ニューロテック®では、研究成果による裏付けがある「骨髄間葉系幹細胞の点滴投与」を受けることができます。
脊髄損傷の再生医療では、神経機能の再生そのものが期待でき、損傷に伴う種々の症状改善効果が期待されます。

まとめ

この記事では、腰髄損傷の原因や症状について解説しました。
また、腰髄損傷に対する再生医療の可能性についても述べました。
再生医療は、損傷した神経そのものを修復させることで、運動に関しては筋力、動作、歩行の改善、感覚に関しても触覚などの改善、またしびれの改善が期待されます。
今後もますます期待できる治療法と考えられます。
腰髄損傷後の後遺症に悩み、再生医療に対してご興味のある方は、ぜひ一度ニューロテック®までご相談ください。

Q&A

腰髄損傷の原因は?
腰髄損傷は、腰椎の骨折などの外傷が原因となることが一般的です。骨粗鬆症など骨が弱っている高齢者では、尻もちをつくなど簡単な外傷が原因で、胸から腰にかけて圧迫骨折・破裂骨折を引き起こすこともあるので注意が必要です。このような骨折を起こしてしまうと、脊髄も損傷されてしまうことがあるのです。なお、65歳以上の高齢者の約40%に脊椎骨折があるといわれています。

腰椎損傷の症状は?
腰椎損傷の主な症状は、足や臀部(尻)のしびれ、痛み、脱力(麻痺)などです。休み休みでないと長距離を歩けなくなることがあります。また、高齢者の方では、下半身の運動麻痺などが原因となり、寝たきりになることもあります。下半身の感覚、つまり知覚も麻痺することで、床ずれなどの怪我の発見が遅れ、重症になってしまうこともあるため注意が必要です。

<参照元>
大阪府/【脊損についての医療的知識】病態(疾患と機能障害のようすと対策):https://www.pref.osaka.lg.jp/keikakusuishin/kankou/sekisonnbyoutai.html
脊髄損傷・脊椎損傷とは:https://www.research.johas.go.jp/22_sekizui/past01.html
脊髄損傷|一般社団法人日本脊髄外科学会:http://www.neurospine.jp/original62.html

貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. ご家族が知っておきたい多系統萎縮症の基本

  2. 脊柱管狭窄症による下肢筋力低下の5つの落とし穴や3つの真実と対策

  3. 心筋梗塞と脳梗塞の違いと共通点

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 一過性脳虚血発作と脳卒中の関係

  2. YouTubeチャンネル開設の模様

  3. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎の症状と治療

おすすめ記事

  1. 脳腫瘍の良性と悪性の見分け方

  2. 脳梗塞と吐き気の関係とは

  3. 神経障害にはなぜ骨髄由来の幹細胞治療が最適なのか

クリニックのご案内

脳梗塞・脊髄損傷クリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]【月~土】9:00~18:00/日祝休