女性のくも膜下出血の原因で重要なストレス管理|再生医療|脳梗塞・脊髄損傷の後遺症を幹細胞治療で改善|ニューロテックメディカル

女性のくも膜下出血の原因で重要なストレス管理

           

投稿日:
読み終わる時間は約 < 1


この記事を読んでわかること

くも膜下出血と高血圧の関連性
女性特有のストレスとその対処法
マインドフルネスが高血圧に与える良い影響


ストレスは間接的なくも膜下出血の原因となりえます。
女性には月経や妊娠、更年期障害などの特有のストレスがあります。
ストレスの管理には、リラクゼーション効果のあるヨガやマインドフルネスなどが有効です。
今回の記事では、こうしたストレスへの対処方法についても解説します。

ストレスと血圧の関連性

ストレス軽減にヨガ
それでは、まずはくも膜下出血について解説し、高血圧とストレスの関連について述べていきます。

くも膜下出血とは

くも膜下出血は脳の血管の一部分に動脈瘤(どうみゃくりゅう)というこぶができて破裂して起こるものです。
脳梗塞や脳出血と合わせ、脳卒中と呼ばれます。
高血圧、喫煙、飲酒が発生に関連する要因と考えられています。

慢性的なストレスは高血圧の原因となる可能性がある

慢性的なストレスは、高血圧の原因となる可能性があります。
高血圧とは、一般的に「人の血圧が通常の範囲を超える状態」とされ、通常は収縮期血圧(最大血圧)が140mmHgを超え、拡張期血圧(最小血圧)が90mmHgを超える場合に診断されます。
一時的なストレスは通常、体が適切に対処するための正常な反応です。
しかし、慢性的なストレスは長期間にわたって高血圧の危険を増加させる可能性があります。
そのため、ストレスの適切な管理、健康的な生活習慣の維持、リラクゼーション技術の活用などが高血圧予防に役立つことがあります。
ストレス反応が改善されずに慢性化していくと、うつ状態などのメンタルヘルス面での疾患だけでなく、身体面での疾患に至ることがあります。
こうしたストレスに関連していると考えられている疾患を心身症といいます。
例えば、呼吸器系では気管支喘息や過換気症候群、循環器系では本態性高血圧症や冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)、消化器系では胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、心因性嘔吐といったものがあります。
注意したい点としては、同じ高血圧でも、ストレスによる場合とそうでない場合とがあるということです。
両者の違いは、疾患の発症や経過にストレスが関係しているかどうか、という点にあります。
もしこれらの疾患にストレスが関係していると判断される場合には、体の治療とともに、ストレス状態の改善についても考慮する必要があります。
たとえば、ストレッサーに対する対処方法(コーピング)の工夫は、疾患の改善にとって有効な方法の1つとなります。

女性特有のストレスとその対処法

女性には、生理的な変化として、女性ホルモンの急激な変化をもたらす月経や妊娠、更年期障害や、ライフイベント(結婚、妊娠・出産、育児、介護など)による 環境・役割の変化といった特有のストレス要因があります。
これらに対処するためには、以下のような方法が有効と考えられます。

ストレス要因を認識する

何がストレスを引き起こしているのかを理解することが、対処の第一歩です。

コミュニケーション

感情やストレスを家族や友人、信頼できる相手と共有することは、ストレスを軽減するのに役立ちます。
医師やカウンセラーなどの専門家による支援を受けることも大切です。

健康的な生活習慣

バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠は、ストレスを軽減するのに役立つ要因です。

リラクゼーションやマインドフルネスを取り入れる

マインドフルネスは、これらのストレス要因に対処するために、その瞬間に焦点を当て、過去や未来の心配から離れ、現在の状況に集中する方法です。
これにより、過度なストレス反応を緩和し、ストレスの原因に対する冷静な対応が可能になります。

くも膜下出血予防のためのリラクゼーション方法

ヨガ、瞑想、深呼吸、プログレッシブ・マッスル・リラクセーションなどのリラクゼーション効果のある瞑想などを取り入れることで、ストレスを緩和できます。
また、ストレスは自律神経系の活動やストレスホルモンの放出を増加させることがあります。
マインドフルネスの実践は、これらの生理的な反応を和らげ、リラックス反応を促進します。
深呼吸、瞑想、ヨガなどのマインドフルネスのテクニックは、ストレス反応を軽減し、身体と心のリラクゼーションをもたらすのに役立つでしょう。

まとめ

ストレスは、間接的にくも膜下出血の原因となりえます。
女性特有のストレスがあることを知ることは、メンタルヘルスケアの観点からも重要です。
くも膜下出血を発症してしまうと、重症の場合には手足の麻痺などの後遺症が残る可能性もあります。
当院では、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んでいます。
ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

Q&A

くも膜下出血と女性ホルモンの関係は?
くも膜下出血は、動脈瘤(どうみゃくりゅう)という脳の血管のこぶができ、それが破裂して起こります。エストロゲンという女性ホルモンは脳の血管の壁を保護する役割があるのですが、閉経後の女性では女性ホルモンの分泌が減少するため、脳動脈瘤の発生率が増加すると考えられています。

くも膜下出血はストレスが原因ですか?
ストレス自体がくも膜下出血の直接的な原因ではありません。しかし、長期間にわたる慢性的なストレスは、高血圧や他の健康問題を引き起こす可能性があります。高血圧はくも膜下出血のリスクを増加させる要因の一つですので、ストレスは間接的なくも膜下出血の原因にはなり得るでしょう。

<参照元>
高血圧 | e-ヘルスネット(厚生労働省)
脳血管障害・脳卒中 | e-ヘルスネット(厚生労働省):https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-05-003.html
2 ストレスからくる病|こころの耳 厚生労働省:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-05-006.html
厚生労働省eJIM | 瞑想 | 各種施術・療法 | 一般の方へ:https://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c02/07.html
Role of estrogen deficiency in the formation and progression of cerebral aneurysms. Part II: experimental study of the effects of hormone replacement therapy in rats. J Neruosurg. 2005 Dec;103(6):1052-7.:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16381192/

貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. スポーツが原因の脊髄損傷と予防策

  2. 突然下半身に力が入らなくなる脊髄梗塞とは

  3. 頭蓋頸椎移行部脊髄硬膜動静脈瘻(CCJ DAVF)とは

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 線条体黒質変性症とは

  2. 神経障害にはなぜ骨髄由来の幹細胞治療が最適なのか

  3. 視床出血による高次脳機能障害とは

おすすめ記事

  1. シャルコーマリートゥース病のリハビリテーション

  2. 幹細胞点滴3回目+同時リハビリ3回目を終えた結果!(脳梗塞|60代 MY様)

  3. 被殻出血と被殻出血に伴う後遺症

各クリニックのご案内

福永診療所
脳梗塞・脊髄損傷クリニック
リブラささしまメディカルクリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]平日9:00~18:00/土曜日13:00迄/日祝休