馬尾神経障害の主な症状 | 再生医療|脳梗塞・脊髄損傷の後遺症を幹細胞治療で改善|ニューロテックメディカル

馬尾神経障害の主な症状

           

投稿日:
読み終わる時間は約 < 1


この記事を読んでわかること

馬尾神経障害の病態が理解できる
馬尾神経障害の原因や症状がわかる
馬尾神経障害に伴う膀胱直腸障害が生活に与える影響を知れる


馬尾神経障害(別名、馬尾症候群)は、脊髄尾側から分岐する神経が圧迫や障害を受けることで、さまざまな神経症状をきたす疾患です。
下肢の運動障害や、排泄機能の調節が障害される膀胱直腸障害などの症状が出現し、日常生活にも支障をきたします。
この記事では、馬尾神経障害の症状や膀胱直腸障害について詳しく紹介します。

馬尾神経障害の典型的な症状とは

脊髄 馬尾
馬尾神経障害の典型的な症状は、下肢の運動機能障害と膀胱直腸障害です。
この病態を理解するためには、「馬尾」の構造と機能を理解する必要があります。
ヒトの背中には脊椎と呼ばれる背骨が縦走しており、その内部には脊柱管と呼ばれる空洞が存在します。
脊柱管内部には脊髄と呼ばれる神経の束が走行しており、主な機能は脳と身体をつなぐ架け橋のような役割です。
脳からの運動の指令は脊髄を経由し、脊髄から分岐する末梢神経から筋肉へ伝わります。
逆に、身体からの感覚は末梢神経から脊髄を経由し、脳へ伝達されて自覚します。
以上のことから、脊髄は身体と脳をつなぐ架け橋であり、運動や感覚の情報伝達には必要不可欠です。
次に、脊髄はまるで木の根っこのように、左右から神経を分岐させ、脳から臀部へ脊柱管内を下降していきます。
第1/2腰椎あたりで脊髄は終わり、その後は脊髄下端から下肢方向に複数の神経根が脊柱管内を下降し、それぞれの高位の脊椎から末梢神経として分岐していきます。
脊柱管内を下降する神経根の束が、まるで馬の尻尾のように見えることから馬尾と呼ばれますが、あくまで脊髄から延長している神経根です。
そして、馬尾は下肢や膀胱へ末梢神経を分岐させるため、馬尾になんらかの異常が生じると下肢や膀胱における運動障害・感覚障害が生じるわけです。
下肢に麻痺やしびれが生じ、最悪の場合歩行障害が出現します。
また、馬尾が支配する会陰部や肛門、その周辺の感覚低下(サドル型感覚脱失)を認め、膀胱や腸管の運動機能が障害されます。(これを膀胱直腸障害という)

膀胱直腸障害の影響と認識

膀胱直腸障害は日常生活にどのような影響を与えるのでしょうか?
正常な排便や排尿が得られなくなり、尿閉や頻尿、尿失禁、便失禁、勃起障害などの症状が出現するため、日常生活への影響は甚大です。
まず、尿失禁や便失禁を認める場合は自分の意思に反して排泄が行われてしまうため、オムツが必要となります。
問題は尿閉(うまく排尿できなくなる状態)で、尿閉状態が続けば膀胱内圧が上昇し、その上流に位置する腎臓にも負担がかかります。
最悪の場合、重篤な尿路感染症や腎後性腎不全に罹患するため、定期的な導尿が必要となります。
導尿とは、尿道から管を挿入して膀胱に留置し、定期的に排尿を促す手技の事です。
このような状態で生活するのは困難であるため、膀胱直腸障害は避けるべき後遺症と言えます。
そこで、馬尾症候群に伴って膀胱直腸障害が出現した場合は、可及的速やかに手術を行うべきであることを認識すべきです。
適切な手術時期に関しては国内外でさまざまな報告がありますが、尿閉発症後24時間以内での治療が膀胱直腸障害残存のリスクを低下させるという報告もあります。
しかし、発症から対応が遅れれば遅れるほど、その後膀胱直腸障害が残る可能性も高くなってしまいます。

その他の症状と注意点

馬尾症候群に伴うそのほかの症状は原因となる疾患によっても異なり、主な原因疾患は下記の通りです。

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊髄腫瘍
  • 糖尿病などに伴う末梢神経障害

腰部脊柱管狭窄症が原因の場合、特徴的な症状として間欠性跛行と呼ばれる症状があります。
間欠性跛行とは、短い距離なら問題ないものの、長距離歩行が困難となる症状です。
腰椎椎間板ヘルニアが原因の場合、前屈姿勢で神経症状が悪化します。
また、糖尿病が背景にある場合は神経症状以外にも、目のかすみや腎機能障害などが出現する可能性もあります。
原因によって治療法も異なるため、注意が必要です。

まとめ

今回の記事では馬尾症候群の症状や特徴などについて解説しました。
馬尾症候群とは、脊髄下端から分岐した神経根の束である馬尾が、なんらかの原因で圧迫や障害を受け、神経症状をきたす病態です。
主な原因は脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの整形外科疾患であり、下肢麻痺や膀胱直腸障害が出現します。
下肢麻痺が進行すれば歩行に、膀胱直腸障害が進行すれば排泄に支障をきたすため、対応が遅れて後遺症が残れば、日常生活に大きく影響します。
現状、これらの後遺症に対してはリハビリテーションなどの理学療法が行われていますが、根治は難しいです。
そこで、近年ではこれらの神経症状に対して再生医療の効果が注目されています。
基本的に一度障害された神経機能は再生しませんが、再生医療ではこれらの機能回復が期待されています。
これまで根治できなかった下肢麻痺や膀胱直腸障害などの後遺症の改善も期待され、新たな治療の1つとして今後の知見が待たれるところです。

Q&A

馬尾神経障害の原因は?
馬尾神経障害の原因は、主に腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどの整形外科疾患です。また、そのほかに脊髄腫瘍や糖尿病性ニューロパチーなどの病気も考えられます。

馬尾神経障害は回復しますか?
馬尾神経障害は、緊急の減圧手術を発症から早期に行えば回復が期待できます。適切な手術時期は報告によってもさまざまですが、尿閉からどんなに遅くても24時間以内までに手術すれば、改善が期待できると報告されています。

あわせて読みたい記事:腰髄損傷の影響と後遺症
<参照元>
・MSDマニュアル 馬尾症候群:https://www.msdmanuals.com/ja-jp/プロフェッショナル/07-神経疾患/脊髄疾患/馬尾症候群
・J STAGE 馬尾症候群を呈した腰椎椎間板ヘルニアの検討:https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishiseisai/60/3/60_3_440/_pdf
・J STAGE 膀胱直腸障害をきたした腰椎椎間板ヘルニアの治療経験:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcsoa1989/7/2/7_2_365/_pdf/-char/ja


貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. ご家族が知っておきたい多系統萎縮症の基本

  2. 脊柱管狭窄症による下肢筋力低下の5つの落とし穴や3つの真実と対策

  3. 心筋梗塞と脳梗塞の違いと共通点

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 脳梗塞の再発防止のための日常の工夫

  2. 運動失調症に対するリハビリ

  3. 現在のiPS細胞の再生医療と実際の治療例

おすすめ記事

  1. 脳梗塞の基本的な予防策

  2. 放線冠に起きる脳梗塞の症状と治療

  3. 再生医療の未来と脊髄損傷治療の革新

クリニックのご案内

脳梗塞・脊髄損傷クリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]【月~土】9:00~18:00/日祝休