脊髄出血の症状と後遺症について | 再生医療|脳梗塞・脊髄損傷の後遺症を幹細胞治療で改善|ニューロテックメディカル

脊髄出血の症状と後遺症について

           

投稿日:
読み終わる時間は約 < 1


この記事を読んでわかること

脊髄出血とは
脊髄出血の症状
脊髄出血の治療と後遺症


脊髄は脳からの指令を体へ伝える神経の束ですが、障害が起こると運動の麻痺や感覚障害などの症状が発生します。
脊髄の障害が起こる原因は外傷や炎症、骨の変形などの頻度が高いのですが、珍しいものに血管障害があります。
血管障害と言えば脳梗塞や脳出血が思い浮かびますが、実は脊髄でも同様に血管障害が起こることがありそれぞれ脊髄梗塞、脊髄出血と呼びます
この記事では脊髄出血について解説します。

脊髄出血とは

交通事故による脊髄出血
脊髄は脳と同じように、3層の膜によって守られています。
外側から硬膜、くも膜、軟膜と呼ばれています。
脊髄内や脊髄周囲から出血するのが脊髄出血であり、出血する場所によって分類されます。
硬膜の外で出血するのが硬膜外、硬膜とくも膜の間が硬膜下、くも膜と軟膜の間がくも膜下、脊髄内部の出血が髄内出血とされています。
交通事故や転落など大きな外力が原因となることもあれば、血管奇形や腫瘍などが原因となることもあります。
頻度として比較的多いのは「脊髄動静脈奇形」や「脊髄海綿状血管腫」と呼ばれる病気です。
ただし全体的な頻度が高いわけではないため、この疾患に精通した専門医は必ずしも多くありません。
診断や治療が難しい疾患の一つであると言えます。

脊髄出血の症状

脊髄出血が起きると、血液により脊髄が圧迫されるため運動麻痺や感覚障害など神経の症状が発生します。
出血は急に起こるため、症状が突発的に発生するという特徴があります。
硬膜下・硬膜外出血では血液の塊(血腫)により強い脊髄圧迫が起こります。
胸椎部で起こることが多いため、急で激烈な背部痛、下肢麻痺(急に両足が動かなくなる)で発症します。
頚椎部で起こった場合には上肢にも症状が及ぶことがあります。
ただし頚椎部の硬膜外出血では麻痺の発生が片側になることがあり、その場合脳梗塞と類似した症状を起こします。
また、海綿状血管腫からの出血である場合は症状が比較的軽いことがあるなど、症状は個人によって異なります。
出血が続いている場合症状は徐々に進行し、麻痺の程度が強くなります。
麻痺が進行する前に対処することが重要となります。

脊髄出血の治療と後遺症

脊髄出血は緊急治療の適応となる可能性があるため、専門医へ直ちに搬送される疾患です。
出血の場所や程度により対応が検討されますが、硬膜下・硬膜外出血では少なくとも24時間以内に手術をして血腫を取り除くことができれば、回復を望むことができます。
背髄動静脈奇形の場合は手術と血管内治療があります。
一刻も早く神経の圧迫を取り除き出血を抑える治療が必要となりますが、髄内出血の場合は治療による脊髄損傷が危惧されるため、保存的治療が行われるケースがあります。
血腫による圧迫が強い場合や長時間に及んでしまった場合、出血の量が多い場合などでは神経のダメージが強くなり後遺症が残ります。
頚椎部で発生すれば手足の麻痺が残る可能性があり、胸椎部での出血では下半身の麻痺が残ります。
治療後早期に一定程度の自然回復が起きる可能性もありますが、完全に足が動かなくなるような麻痺が発生した場合、すでに手遅れというケースがあります。

脊髄出血の後遺症に対する再生医療の可能性

脊髄出血による後遺症は一度確定してしまうと回復は難しく、生涯残る後遺症となってしまいます。
神経の回復能力には限界があるからです。
脊髄出血の治療は神経圧迫の原因を取り除く治療であり、神経を直接修復する治療ではありません。
傷ついた神経を治療する方法は現時点でほぼ無いのです。
近年になり治療困難な神経障害を改善させる方法として、再生医療が発展してきています。
再生医療では「幹細胞」という神経の元になる細胞を使用します。
幹細胞は体内に移植されると神経に対する保護因子や修復因子を分泌するとともに、自身が神経に成長して機能するようになる、つまり神経を再生する作用が期待されています。
ニューロテックメディカル株式会社では、「ニューロテック®」として脳卒中・脊髄損傷・神経障害などに対する幹細胞治療の基盤特許を取得しており、再生医療の効果を高める取り組みを行っています。
脊髄出血に対しては、再生医療と最先端のリハビリテーションを組み合わせることで最大限の機能回復を達成できると考えています。
脊髄出血の症状にお悩みの患者さんやご家族の方は、ぜひご相談ください。

まとめ

脊髄出血について解説しました。
脳出血や脳梗塞と比較すると頻度の少ない疾患ですが、突然に発症し後遺症を残すという点でやっかいな病気であるということが共通しています。
早期対応が重要になるとともに、新たな後遺症対策として再生医療の効果が期待されています。

Q&A

脊髄出血の原因は?
脊髄出血の主な原因は「脊髄動静脈奇形」や「脊髄海綿状血管腫」と呼ばれる病気です。
どちらも、脊髄を栄養する血管に先天的もしくは後天的な異常奇形を認め、脆い部分が発生するためにそこから出血を引き起こします。

脊髄出血の症状は?
脊髄出血の主な症状は、麻痺などの運動障害、しびれなどの感覚障害、疼痛が挙げられ、これらの症状が突然出現します。
出血の部位や範囲に応じて症状が出現する程度や部位も異なり、無症状の時もあれば四肢が全く動かなくなる可能性もあります。

<参照元>
・「脊髄血管障害」日本医事新報4986, 2019
・「脊髄血管障害」日本医事新報5092, 2021


あわせて読みたい記事:脊髄梗塞の症状から治療までを解説

貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. ご家族が知っておきたい多系統萎縮症の基本

  2. 脊柱管狭窄症による下肢筋力低下の5つの落とし穴や3つの真実と対策

  3. 心筋梗塞と脳梗塞の違いと共通点

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 現在のiPS細胞の再生医療と実際の治療例

  2. 多系統萎縮症の寿命と予後

  3. 若い人でも要注意!若年性脳梗塞の恐怖

おすすめ記事

  1. 睡眠時無呼吸症候群と脳梗塞の関係性

  2. 脊髄損傷に伴う怖い合併症とは

  3. パーキンソン病の初期症状から末期症状まで

クリニックのご案内

脳梗塞・脊髄損傷クリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]【月~土】9:00~18:00/日祝休