脊髄損傷に伴う怖い合併症とは | 脳梗塞・脊髄損傷・脳出血の再生医療ニューロテック・メディカル|大阪・東京・名古屋

脊髄損傷に伴う怖い合併症とは

投稿日:

多くの神経が束となって出来た脊髄を損傷すると、麻痺以外にも多くの機能が障害されてしまいます。
麻痺やしびれなどの軽度な症状であればまだしも、中には呼吸や心臓をはじめ、腸管や排泄の機能に重大な影響を与える合併症もあるため、命の危険性も考えられる病気です。
そこで今回は、脊髄損傷における怖い合併症に関して詳しく解説していきます。

脊髄損傷とは?

頸髄
脊髄の機能は脳から体に運動の指令を伝え、逆に体の感覚を脳へ伝える、まさに体内の架け橋のような役割を担っており、日常生活の維持のみならず生命維持のためにも非常に大きな役割を担っています。
脊髄が損傷されると運動神経が障害され麻痺症状が、感覚神経が障害されしびれ症状が、自律神経が障害され血圧や脈拍、体温や睡眠、排尿や排便などの生理機能が障害されます。
損傷の原因としては、交通外傷や転倒によって損傷することが多いです。
特に麻痺やしびれ症状が深刻な場合、歩行や移動などの日常的な基本動作に影響を及ぼすため普段の生活に支障をきたしてしまう恐れがあります。
また脊髄損傷の恐ろしいところは「損傷したレベルの神経機能のみ障害を受ける」のではなく、「損傷したレベル以下全ての神経機能が障害を受ける」という点です。
脊髄は上から順に、頸髄、胸髄、腰髄、仙髄に分かれており、例えば腰髄を損傷した場合、腰髄はもちろん仙髄の機能も障害されることになりますが、頸髄や胸髄の機能は守られることが多いです。
特に損傷することが多い頸髄ではさらに重篤で、頸髄以下全ての脊髄の機能が障害されてしまうのです。
つまり損傷部位によって生じる合併症もそれぞれ異なるのです。

脊髄損傷における怖い合併症とは?

では具体的にどのような合併症が生じるのでしょうか?
それぞれご紹介していきます。

麻痺

麻痺とは、脊髄内を走行する運動を司る神経が損傷した場合に生じる運動機能障害です。
上肢の運動は頸髄に、下肢の運動は腰髄に支配されているため、腰髄損傷であれば上肢の運動は保たれますが、頸髄損傷であれば上肢下肢ともに麻痺が出現する可能性があります。
特に頸髄損傷に伴う四肢麻痺はほとんどの移動が困難になるため、日常生活に与える影響も計り知れず、多くの方で看護や介護が必要となります。

しびれ

しびれとは、脊髄内を走行する感覚を司る神経が損傷した場合に生じる感覚機能障害です。
本来感じるはずの温痛覚や、触覚、圧覚などが障害されてしまいます。
上肢や下肢にビリビリとした感覚が残ったり、違和感を感じたりして日常生活に支障をきたす可能性があります。

呼吸機能障害

人間の呼吸は、主に横隔膜と呼吸補助筋の運動によって行われています。
横隔膜の運動を支配する横隔神経は上位の第4頸髄から分岐しているため、第4頸髄以上のレベルの損傷の場合、横隔神経麻痺による呼吸筋麻痺が引き起こされる可能性が高まります。
場合によっては、人工呼吸器なしでは生きられない体になってしまいます。

循環器合併症

胸髄を走行する自律神経、つまり交感神経や副交感神経が損傷されることで、うまく心臓の動きをコントロールできなくなってしまいます。
具体的には、脈が理由なく遅くなる(徐脈)、起立時に血圧が低下する(起立性低血圧)などです。
また頸髄損傷によって全身の血管を収縮させる力が弱まり血圧が一気に低下する、スパイナルショックという合併症に至る可能性もあります。

消化器合併症

受傷ストレスによる胃液分泌の増加によって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の危険性が増します。
また感覚障害により痛みを感じないため、重症化するまで自覚を持てない可能性があり命に関わる可能性もあります。

泌尿器合併症

排尿や排便は仙髄によってコントロールされているため、多くの頸髄損傷で排泄機能は障害される可能性が高いです。
特に、排尿障害が出ると尿路感染症に罹患するリスクも上がるため注意が必要です。

褥瘡

褥瘡とはいわゆる床ずれのことで、常に同じ体勢でいると重みがかかっている部分の血流が不良となり、壊死してしまう病気です。
本来であれば痛みや痺れを感じて体位変換を行いますが、脊髄損傷では感覚がないため、そのまま体位を変えずに褥瘡ができやすい状況なのです。
褥瘡が出来やすい部位は、仰向けで重みのかかりやすい踵や仙骨部などです。

まとめ

脊髄損傷患者は麻痺やしびれなど比較的軽度の合併症以外にも、呼吸機能や心臓機能などの命に関わるような機能にまで障害が出る可能性があるため、どういった合併症が併発するかで予後が異なります。
また損傷した神経細胞は基本的に回復することが難しいため、合併症が出た場合症状と付き合っていく他ないのが今までの現状でした。
しかし、近年では再生医学の進歩が目覚ましく、一度損傷した神経細胞やその機能が再び蘇る可能性が出てきました。
再生医療では、骨髄内の自己幹細胞を取り出し、培養したものを体に戻すことで損傷した細胞を再構築することが期待されています。

あわせて読みたい記事:脊髄損傷における回復例について

貴宝院 永稔【この記事の監修】
福永記念診療所 再生医療部長 再生医療担当医師

ニューロテックメディカル代表 Dr.貴宝院 永稔

大阪医科薬科大学卒業
私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。

お問い合わせ

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA