脳梗塞を起こした方必見!血圧管理の注意点とは? | 再生医療|脳梗塞・脊髄損傷の後遺症を幹細胞治療で改善|ニューロテックメディカル

脳梗塞を起こした方必見!血圧管理の注意点とは?

           

投稿日:
読み終わる時間は約 < 1


高血圧は、脳梗塞の危険因子のひとつですが、脳梗塞を起こした後から48時間以内の急性期は、高めの血圧を許容して、むしろ血圧を下げすぎないことで、脳内への血流を維持し、梗塞の悪化を防ぐことがあります。
なお回復期から慢性期は、脳梗塞の再発を予防することを目的に、140/90mmHg未満を目標血圧として、積極的に降圧薬が使用されます。
今にちの研究では、最大血圧が140mmHgを超えると脳梗塞となる確率が高くなり、最大血圧が160mmHg以上あると、脳卒中の発作を起こす最も大きな原因になると報告されています。

脳梗塞後の血圧管理:急性期と回復期・慢性期の違いと注意点

脳梗塞
脳梗塞を起こした後の血圧管理について、急性期と慢性期に分けてご説明します。

急性期では高血圧を容認する理由と注意点

脳梗塞を発症した後、高めの血圧を容認することがあります。
脳梗塞では、血栓によって脳の特定部位への血流が妨げられます。
このような状況では、あえて血圧を高くすることで、脳を保護する効果が期待できます。

脳梗塞急性期に高い血圧を容認する理由

脳梗塞発症直後から最大48時間、血圧を下げる薬の量を抑えることがあります。
その結果、患者の血圧は一般的に認められている範囲よりも高くなります。
脳梗塞発症後、高い血圧を許容する理由は、血圧を高くすることで、脳梗塞時に血液が行き渡らなかった脳の血管への血流が促進される可能性があるためです。
また脳梗塞を起こした場合、脳組織が損傷してしまうことがあります。
脳は頭蓋骨のなかに収まっていますが、そのために脳組織が損傷を受けた結果脳が膨らむと、膨らんだ脳組織の影響を受け、血管も圧迫されます。
この場合も、血圧が一定の範囲にあれば、圧迫されたとしても脳には十分な血流が維持されます。
逆に血圧が低すぎると、脳に十分な血液が行き渡らないことがあります。
発症前の血圧では、十分に脳内に血流が維持されないことや、脳が脳内の血流をうまく調節できなくなるために、脳に必要な血液が行き渡るように、高い血圧が必要になる可能性があります。
この考え方に基づき、脳梗塞後の急性期、特に発症後48時間は、血圧を高めに維持することがあります。

急性期の高血圧が引き起こすデメリットとリスク

血圧が極端に高くなると、脳出血やくも膜下出血が生じるリスクが高まります。
脳出血とは、脳の動脈が破裂して、脳内に大量の出血が起こることです。
また心不全を抱えた人は、血圧が高いことで心不全が悪化しますので、注意が必要です。
一般的には、収縮期血圧が220mgHgを超える場合、または拡張期血圧が120mgHgを超える場合、さらに大動脈解離や急性心筋梗塞、心不全、腎不全などを合併している場合に限って、慎重に血圧を下げることが推奨されていますが、それ以外は高い血圧が容認されています。

急性期の血圧管理法と薬剤療法について

脳梗塞後急性期は、通常病院内で全身の管理が行われます。
重症度に応じて集中治療室で管理されることも多く、この場合血圧は常時モニターされていて、急激な変化にも迅速に対応することができるよう、準備されています。
急性期の血圧は、モニターをしながら一定の範囲を超えないように調整されます。
もし血圧が高くなりすぎる場合は、カルシウム拮抗薬と呼ばれるタイプの降圧薬を使用し、血圧を下げることもあります。
なお脳梗塞急性期は、さまざまなストレスや痛みなどにより、血圧が上昇することがあります。
したがって、鎮静や鎮痛をはかることで、血圧が上昇する要因を取り除く工夫も必要になります。

回復期・慢性期では正常血圧を維持することが重要

それでは続けて、脳梗塞後の回復期から慢性期の血圧管理についてご説明します。

回復期・慢性期の血圧管理の目標と方法

脳梗塞後の慢性期は、脳梗塞の再発を予防することを目的に、積極的に降圧します。
これは、高血圧が脳梗塞の発症に大きく関与しているからです。
通常目標となる血圧は、140/90mmHg未満とされています。
降圧薬にはさまざまな種類がありますが、脳梗塞後の回復期から慢性期にかけては、アンギオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)アンギオテンシンタイプⅡ受容体阻害薬、また利尿薬が用いられることが一般的です。
なお血圧管理は再発を予防するためにとても大切な方法ですが、合わせて血栓の予防を目的とした抗凝固薬や抗血小板薬、またそのほかコレステロールや血糖のコントロール、禁煙なども重要な再発予防対策になります。

まとめ

脳梗塞後の血圧管理について、急性期、回復期から慢性期に分けてご説明しました。
高血圧が発症のリスクである脳梗塞ですが、特に急性期に高い血圧を許容することは、脳梗塞後の珍しいアプローチのように思えるかもしれません。
しかし、脳梗塞の後に血圧を高めに維持することは、ときに脳の血流を回復させ、脳梗塞の悪化を防ぐ方法となり得ます。
このように、脳梗塞の影響を最小限にするため、さまざまな工夫がなされています。
わたしたちが取り組んでいる再生医療もそのひとつです。
脳梗塞後の後遺症を最小限にするため、日々医学は進歩しているのです。

外部サイトの関連記事:脳梗塞で血圧を高めに保つ理由

貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. スポーツが原因の脊髄損傷と予防策

  2. 突然下半身に力が入らなくなる脊髄梗塞とは

  3. 頭蓋頸椎移行部脊髄硬膜動静脈瘻(CCJ DAVF)とは

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 脳梗塞の入院期間と退院の準備

  2. 若い人に多い椎間板ヘルニアの原因とは?

  3. 視床出血による高次脳機能障害とは

おすすめ記事

  1. 脊椎の成長が止まる二分脊椎症とは

  2. 海馬硬化を伴うてんかんの診断と治療

  3. 進行性核上性麻痺(PSP)と再生医療

各クリニックのご案内

福永診療所
脳梗塞・脊髄損傷クリニック
リブラささしまメディカルクリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]平日9:00~18:00/土曜日13:00迄/日祝休