前頭葉と側頭葉の基本機能と重要性 | 再生医療|脳梗塞・脊髄損傷の後遺症を幹細胞治療で改善|ニューロテックメディカル

前頭葉と側頭葉の基本機能と重要性

           

投稿日: 読み終わる時間は約 < 1


この記事を読んでわかること

前頭葉の役割にはどのようなものがあるのか
側頭葉と前頭葉はどのように関連して働いているのか
前頭葉や側頭葉が障害を受けるとどのような症状がでるのか


脳にはいろいろな部位がありますが、その中でも前頭葉は人格・社会性・言語を、側頭葉は記憶・聴覚・言語を主に司どっています
今回の記事では、前頭葉や側頭葉の働きや、この二つの脳の部分がどのように連携しているのか、さらに障害を受けるとどのような症状が出てしまうのかを解説していきます。

前頭葉の役割と認知機能への影響

前頭葉と側頭葉
ヒトの脳は、大脳と間脳、中脳、橋、延髄といった部位に分かれています。
さらに、大脳は大脳皮質と基底核に分けられます。
大脳皮質は大脳の表層の灰白質(かいはつしつ)という部分のことを指します。
この灰白質は、ニューロン(神経細胞)の細胞体が集まっており、灰色がかってみられるためにこう呼ばれます。
さて、この大脳皮質は大きなしわのようなもので大きく区分されています。
部位としては、前の方を前頭葉、頂上の部分を頭頂葉、後ろの方を後頭葉、側方の部分を側頭葉と呼んでいます。
そして、それぞれの部分は特有の機能を持っています。
ここでは、まず前頭葉の役割と認知機能への影響について述べていきましょう。
前頭葉、とくに前頭前野(ぜんとうぜんや)といわれる部分は社会生活において重要な役割を果たしています。
前頭葉を構成する脳神経は、神経科学的には行動制御、作業記憶、実行機能の順に発達していきます。
そして、脳内での情報処理は、大脳皮質を経由する認知処理経路と、視床を経由して扁桃体に転送される情動処理経路の二重構造になっています。
これらが相互作用を行う脳領域が前頭前野と考えられています。
そのため、前頭葉が障害を受けると、認知障害が生じることにつながるのです。

側頭葉の役割と記憶・聴覚への影響

では、次に側頭葉の役割を述べていきましょう。
側頭葉は、脳の後方側面を占める脳領域で、視覚や聴覚などの認知機能や記憶の中枢として知られています。
側頭葉に特異的な主な機能は、聴覚情報処理・意味処理・記憶に関連する処理の3つがあります。
例えば、両側の聴皮質あるいは聴放線という側頭葉の一部分を損傷すると「聞こえるが何が聞こえているかわからない」聴覚失認の病態になり、言語理解が妨げられます。
また側頭葉前方部が萎縮する意味性認知症では意味記憶が選択的・進行的に障害されてしまうということがあります。

二つの脳葉が連携して行う主な機能

それでは、前頭葉と側頭葉が連携して行う機能について解説していきましょう。
前頭葉と側頭葉は脳の異なる領域でありながら、様々な機能を連携して行います。
以下に、前頭葉と側頭葉が連携して行う主な機能についてのいくつかの例を挙げていきます。

実行機能
前頭葉は計画の立案、意思決定、課題の実行、自己統制など、高次の認知機能に関与します。そ
して、側頭葉は視覚的な情報処理や空間的な認識に関与します。
作業記憶
前頭葉は短期記憶や情報の一時的な保持に関与しています。
方や、側頭葉は視覚的な作業記憶や視覚的な情報の処理に関わっています。
社会的認知
前頭葉は他者の感情や意図の理解、社会的な行動の調整など、社会的認知を司ります。
側頭葉は顔認識や感情の処理など、視覚的な社会的情報処理をしています。
言語処理
前頭葉は言語の生成、意味の理解、文法処理など、言語に関連する機能に影響を与えますその一方で、側頭葉は視覚的な情報からの言語理解や語彙の処理に関与しますなお、前頭葉には発語を担当するブローカ野があり、側頭葉には言語の理解を担当するウェルニッケ野があります。
感覚の統合
前頭葉は複数の感覚情報を統合して意思決定を行います。
側頭葉は視覚、聴覚、触覚などの感覚情報を統合し、全体的な認知プロセスに関与しているのです。

まとめ

今回の記事では、前頭葉と側頭葉の基本機能と重要性について解説しました。
前頭側頭葉型認知症という、前頭葉と側頭葉が萎縮してしまう病気があります。
この病気では、社会性が欠如したり、抑制が効かなくなる、同じことを繰り返してしまう、感情が鈍くなる、自発的な言語の低下、といった特徴的な症状が現れます。
この部位の神経が変性してしまうことが原因と考えられていますが、現時点では有効な治療法はまだありません。
こうした病気に対しても、最近再生医療の効果が期待されています。
そこで、神経障害に対する治療として、私たちは、『神経障害が治るのを当たり前にする取り組み』を、ニューロテック®、脳卒中や脊髄損傷、神経障害の患者さんに対する『脳の治る力を高める治療』を、リニューロ®と定義しました。
リニューロ®は、同時刺激×再生医療、骨髄由来間葉系幹細胞、神経再生リハビリにて『脳の治る力を高める治療』です。
もしご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。

Q&A

前頭葉と側頭葉の機能の違いは何ですか?
前頭葉は主に人格・社会性・言語をつかさどり、側頭葉は記憶・聴覚・言語を主につかさどっています。前頭葉と側頭葉が萎縮してしまう前頭側頭葉型認知症では、これらが障害されてしまうので、社会性の欠如などの症状が現れます。

前頭葉がやられるとどうなる?
前頭葉が障害を受けると、注意障害や遂行機能障害、社会的行動障害といった症状が現れます。また、感情を抑制することが難しくなる脱抑制や易怒性(いどせい)も生じます。

<参照元>
前頭葉の発達とその障害.2014.認知神経科学:16(1);49-54.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ninchishinkeikagaku/16/1/16_49/_pdf/-char/ja
記憶を正しく思い出すための脳の仕組みを解明~側頭葉の信号が皮質層にまたがる神経回路を活性化 東京大学/科学技術振興機構(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20150424-2/index.html
脳の機能と構造.1987.ファルマシア:23(8);811-817.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/23/8/23_KJ00002920028/_pdf/-char/ja
右側頭葉の脳梗塞の再発により社会的行動障害が出現した 両側側頭葉損傷の1例.2022.高次脳機能研究:42(3);365-373.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/42/3/42_365/_pdf


貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. 脳梗塞による顔面麻痺の治療とリハビリ

  2. 脳幹出血の症状と危険因子

  3. 小脳萎縮症の3つの主な症状とは

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 脊髄損傷による損傷レベル

  2. 坐骨神経痛の原因とは?

  3. 脳梗塞後の日常生活で避けたほうが良いこと

おすすめ記事

  1. ギランバレー症候群とは?

  2. 耐え難い痛みになる視床症候群の治療

  3. 脊椎が曲がってしまう側弯症とは

各クリニックのご案内

福永診療所
脳梗塞・脊髄損傷クリニック
リブラささしまメディカルクリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]平日9:00~18:00/土曜日13:00迄/日祝休