頸椎椎間板ヘルニアの基本的な理解 | 再生医療|脳梗塞・脊髄損傷の後遺症を幹細胞治療で改善|ニューロテックメディカル

頸椎椎間板ヘルニアの基本的な理解

           

投稿日:
読み終わる時間は約 < 1


この記事を読んでわかること

頚椎椎間板ヘルニアの症状や経過がわかる
・頚椎椎間板ヘルニアの病態がわかる
頚椎椎間板ヘルニアの治療方針がわかる


頸椎椎間板ヘルニアとは、頚椎同士の緩衝材である椎間板がなんらかの理由で破綻し、周囲の脊髄や神経根を圧迫する病気です。
頸部痛や上肢のしびれなどの症状が特徴的ですが、進行すれば下肢にも症状が広がり、歩行障害が生じる可能性もあります。
この記事では、頸椎椎間板ヘルニアの症状や特徴などについて詳しく紹介します。

頸椎椎間板ヘルニアとは?

急性疼痛性頸部拘縮
頚椎椎間板ヘルニアとは、頚椎同士の緩衝材である椎間板がなんらかの理由で破綻し、周囲の脊髄や神経根を圧迫する病気です。
そもそも、背骨(脊椎)は小さな椎骨と呼ばれる骨が縦に連結して形成されており、頭蓋骨のすぐ下からお尻までを縦走して体を支持しています。
脊椎は上から順に、7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、最後に仙椎や尾骨で形成されてます。
特に、頚椎と腰椎はそれぞれ頸部や腰部の回旋(ひねり)運動に関与しているため、胸椎と比較すると不安定な構造をしており、損傷しやすいです。
それぞれの椎骨と椎骨の間には、椎間板と言われるゴムのような物質が存在し、垂直方向の外力や衝撃に耐えられるよう、緩衝材としての役割を担っています。
しかし、加齢やスポーツ・長時間の姿勢維持などによって椎間板が変形すると、徐々に押しつぶされて横方向に広がっていきます。
これはまるで、指でボンドを押しつぶした時に、ボンドが指と指の間から溢れ出てくる現象と同じです。
しかし、脊椎は内部に脊髄が走行しており、また周辺には神経根と呼ばれる脊髄から分岐した神経が存在するため、椎間板の変形によって脊髄・神経根が圧迫されると、これを頚椎椎間板ヘルニアと呼びます。
外傷やスポーツでも発症しますが、多いのは加齢性変化であり、特に40〜50代の男性に多い病気です。

ヘルニアの主な症状と特徴

頚椎椎間板ヘルニアの症状は、圧迫される神経根や脊髄によって異なります。
すでに脊髄から分岐した神経根だけが圧迫される場合、そのレベルに見合った部位にしびれや痛み・麻痺が生じます。
例えば、第5/6頚椎間から分岐する神経根の圧迫は肩周囲の筋肉の筋力低下、第6/7頚椎間から分岐する神経根の圧迫は肩周囲の筋力は保たれますが、前腕や手指に筋力低下を招きます。
しかし、頸髄が圧迫される場合は、それよりも下位の胸髄や腰髄の機能にも影響が出る可能性があるため、より広範な神経障害が出現する可能性が高いです。
頚椎椎間板ヘルニアの症状を時系列でみていくと、まずはじめにある日突然頸部痛が生じます。
また、頸部痛に伴う肩甲骨や上肢の痛みも出現し、人によっては手指や腕のしびれ感・脱力などを伴う方もいます。
さらに症状が進行すれば下肢にもしびれや麻痺が生じ、歩行障害や膀胱直腸障害まで進行する可能性もあるため注意が必要です。
特徴的な上肢の症状として、うまく字が書けない・箸をうまく扱えないなどの巧緻運動障害も挙げられます。

正しい認識と間違った知識について

頚椎椎間板ヘルニアの正しい認識と間違った知識についていくつか紹介します。

  • ストレッチがいいって本当?
  • 必ず手術になる?

頚椎椎間板ヘルニアのストレッチについて

結論から言えば、頚椎椎間板ヘルニアを予防するためには頸部のストレッチが有効ですが、一度発症した後の不用意なストレッチは危険です。
頚椎椎間板ヘルニアは長時間のデスクワークなど、誤った姿勢で頸部に負担がかかることで発症するため、定期的なストレッチで予防できます。
しかし、すでに頚椎椎間板ヘルニアを発症している場合は、不用意にストレッチすると神経の圧迫がさらに悪化し、不可逆的な神経障害を引き起こす可能性もあるため、避けるべきです。
中には、症状を緩和させるストレッチもあるため、実施する際は必ず専門家の指導のもとで行うようにしましょう。

頚椎椎間板ヘルニアの治療について

結論から言えば、頚椎椎間板ヘルニアで必ず手術が必要な訳ではありません。
症状が上肢のしびれや痛みだけの場合は、保存療法でも改善が期待できるからです。
具体的には、頚椎カラー装着による頸部の安静・鎮痛剤や神経ブロックなどによる痛みの緩和などがあげられます。
しかし、それでも症状が改善しない場合や、歩行障害・膀胱直腸障害などの重度な神経障害を認める場合は、手術療法が必要です。

まとめ

今回の記事では頚椎椎間板ヘルニアの症状や特徴などについて解説しました。
頚椎椎間板ヘルニアは、加齢やスポーツ・外傷などに伴い椎間板が変形することで、周囲の脊髄や神経根が圧迫を受ける整形外科疾患です。
基本的には症状が緩徐に進行するため、重篤な後遺症を残すことは稀ですが、頸部に不用意に負担をかけると重篤な神経障害を引き起こす可能性もあります。
特に、急速に進行する下肢麻痺や膀胱直腸障害は緊急手術の適応であり、迅速な介入が求められる病態です。
対応が遅れれば後遺症が残り、歩行や排泄などの面で日常生活に大きく影響します。
現状、これらの後遺症に対してはリハビリテーションなどの理学療法が行われていますが、根治は難しいです。
しかし、近年では再生医療の発達が目覚ましく、頚椎椎間板ヘルニアによる神経症状が改善する可能性もあるため、非常に注目されています。
再生医療は、自身から採取した幹細胞を注入することで、障害された神経細胞の再生を促す治療法であり、新たな治療の1つとして今後の知見が待たれるところです。

Q&A

頚椎椎間板ヘルニア どれくらいで治る?
本的には、発症初期に激烈な痛みが生じて、数週間で痛みはピークに達しますが、数ヶ月間かけて自然に軽快していくことが多いです。また、手術すれば術後すぐに痛みが改善することも多いですが、人によって神経症状が残ってしまう可能性もあります。

頚椎ヘルニアがひどくなるとどうなる?
頚椎ヘルニアがひどくなると、上肢だけでなく下肢にもしびれや麻痺が生じ、日常生活に大きな影響がでます。特に、歩行障害や膀胱直腸障害が出現した場合、緊急手術も検討されます。

<参照元>
・日本整形外科学会 頚椎椎間板ヘルニア:https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/spinal_disc_herniation.html
・日本脊髄外科学会 頚椎椎間板ヘルニア:http://www.neurospine.jp/original24.html


貴宝院 永稔【この記事の監修】貴宝院 永稔 医師 (大阪医科薬科大学卒業)
脳梗塞・脊髄損傷クリニック銀座院 院長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
日本リハビリテーション医学会認定指導医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
ニューロテックメディカル株式会社 代表取締役

私たちは『神経障害は治るを当たり前にする』をビジョンとし、ニューロテック®(再生医療×リハビリ)の研究開発に取り組んできました。
リハビリテーション専門医として17年以上に渡り、脳卒中・脊髄損傷・骨関節疾患に対する専門的なリハビリテーションを提供し、また兵庫県尼崎市の「はくほう会セントラル病院」ではニューロテック外来・入院を設置し、先進リハビリテーションを提供する体制を築きました。
このブログでは、後遺症でお困りの方、脳卒中・脊髄損傷についてもっと知りたい方へ情報提供していきたいと思っています。


再生医療の治療 各地クリニックの案内

YouTubeチャンネル

脳卒中や脊髄損傷など再生医療に関する情報はこちらでもご覧頂けます。
脳卒中ラボ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ニューロテックメディカル・リハビリセンター

おすすめ記事

(腰椎損傷 下肢不全麻痺|30代 MK様)

おすすめ記事

最近の記事

  1. ご家族が知っておきたい多系統萎縮症の基本

  2. 脊柱管狭窄症による下肢筋力低下の5つの落とし穴や3つの真実と対策

  3. 心筋梗塞と脳梗塞の違いと共通点

【再生医療×リハビリテーションの可能性】オンライン講演会 Vol.1

ピックアップ記事

  1. 嚥下障害とストレス

  2. 小脳性運動失調と小脳性構音障害の関連性

  3. 脳卒中になりやすい性格について

おすすめ記事

  1. 脳梗塞のリスクを低減する生活習慣

  2. 脊髄損傷後のプッシュアップ動作について

  3. 脳梗塞の入院期間と退院の準備

クリニックのご案内

脳梗塞・脊髄損傷クリニック

脳卒中・脊髄損傷の後遺症の
       お悩みや治療のご相談
お気軽にお問い合わせ下さい

0120-955-573

[電話受付]【月~土】9:00~18:00/日祝休