医療法人慶春会 ニューロテック 脳卒中再発予防・再生医療専門

トップページ ブログ 5年ぶりに高血圧の治療目標を改定

5年ぶりに高血圧の治療目標を改定

ブログ

2019.7.29

日本高血圧学会は新時代「令和」に合わせて、5年ぶりに改定した高血圧の治療方針を示しましたので、ご紹介します。

治療目標は130/80

血圧を下げるほど、脳卒中や心筋梗塞になるリスクが下がるので、5年ぶりに、これまでより厳しい「治療目標」が設定されました。日本高血圧学会では、治療の基本を「生活習慣の改善」に置き、患者さんにどこまで徹底させられるかが、課題となっています。

診断水準

高血圧が脳卒中や心筋梗塞の発症リスクを高めることは、国内外の研究で裏付けられています。そして、日本において高血圧は最も患者さんが多い病気と云われています。病気か否かを判断する「診断基準」で【上-140以上、下-90以上】に達した人の数は推計4300万人と云われ、60歳を境に急増して、65歳以上の高齢者では2人に1人にものぼります。
診断基準の他に、患者さんが目指す数値として治療目標と云うのが設定されています。診断基準は今回の改定では変更されていませんが、治療目標は前回から10ポイント引き下げられ、【上-130未満、下-80未満】と、されました。
アメリカでは2017年、診断基準を10ポイント引き下げ、【上-130以上、下-80以上】とされました。ヨーロッパでも昨年、診断基準は変えずに、18歳~65歳の治療目標を10ポイント引き下げて、【上-120~130、下-70~79】としました。今回の日本の対応はこのヨーロッパに近いものとなっています。
学会によれば、上で10ポイント、または、下で5ポイント下げるだけで、脳卒中の発症リスクが30~40%、心筋梗塞などで20%減らせると分かっています。40歳~64歳の中高年齢者約5万人を国内追跡調査の結果、正常血圧(上120未満、下80未満)から上で20ポイント、または下で10ポイント上がると、脳や心臓の病気の発症確率が3倍になると示されています。
厚労省によると、脳と心臓の病気で年間計31万人以上が亡くなっています。2つの病気を合計した国民医療費は、がんに次ぐ2番目の規模だけに、高齢化社会の日本にとっては、高血圧予防が緊急の課題と云えます。

グレーゾーン

今回の指針には、グレーゾーンと呼ばれる、「高血圧ではないが正常血圧を上回る=高血圧予備軍(上120~139、下80~89)」の対策が盛り込まれています。脂質異常症や糖尿病の有無、病歴などで、脳や心臓の病気発症リスクを低・中・高等の3段階に分けて、それぞれの対策を示しています。例えば、糖尿病や慢性腎臓病があって高リスクな場合は、上130~139、下89~89の時には、薬による治療の対象となります。大きな持病がない低・中等リスクの場合は、医療機関を受診しないケースもあります。

血圧の分類とその対策

血圧(上/下) 対策
正常血圧 120未満/80未満 適切な生活習慣の維持
グレーゾーン 120~129/80未満 生活習慣の改善
130~139/80~89 低・中等リスク 生活習慣の改善と医師らとの計画的指導
高リスク 上記に加えて、投薬治療
高血圧 140以上/90以上 生活習慣の改善と投薬治療

高血圧は別名サイレントキラー

高血圧は命に関わる病気を引き起こしますが、発症前の自覚症状が乏しいことから、「サイレントキラー(静かな殺し屋)」とも呼ばれ、塩分の摂り過ぎやストレスなどが原因とされています。高い圧力がかかり続けた末に、弾力を失って血管がもろくなると、動脈硬化になります。脳卒中や心筋梗塞の他に、もろくなった大動脈の一部が異常に膨らんだ大動脈瘤や、血管の内壁が裂ける大動脈解離のリスクも高まります。また、老廃物をろ過する機能が低下して、慢性腎臓病の原因にもなります。

新しい指針では、高血圧予防として、①食塩摂取量を1日6g未満、②禁煙・禁酒、③ジョギングなどの有酸素運動を毎日30分以上 などが勧められています。

お問い合わせ

06-6933-7844

FAX

06-6933-7859

所在地

〒536-0005
福永記念診療所
大阪市城東区中央1-9-33
泉秀園城東ビル2F

お問い合わせ

◎診察日、△適宜対応、●休診日